大家さんおおやさんのBlog

株式会社 若竹寮
<< 楽しみです。 | main | ハァ〜、なるほど〜。 >>
ええっ!今から・・?
3月に入って一週間。毎月この日ぐらいになると、少しほっとします。
 というのも、月の最終週から月初にかけて必ずこんな電話があるからです。

留学生 「オヤ(大家)さんのコト、トモダチに聞きました。部屋アリマスカ?」
大 家 「空いている部屋はいくつかありますよ。どんなタイプがいいですか?」
留学生 「どんな部屋でもいいです。ヤキン(家賃)は一番安いの部屋・・・」

 ここまでくると様子がわかってきます。

大 家 「それでは、希望の引越しの予定はいつですか?」
留学生 「今日も明日もイイです。今からダイジョウブ。」
 
 「ああっ、来たな。」と思います。
 つまり、彼(彼女)にとっては、来月はじめは契約の更新月なのです。1日を越えると現在入居のアパートでの新しい月の家賃、契約更新費用を払うことになるのでしょう、一日も早く引越しをしなければならないのです。
 そこで、大家は一度はゆっくり考えるように話してみます。こうして急に部屋を決めた場合に、短期間で退去する確率も非常に高いからです。それは本人に引越し費用の更なる追加を強いることになりますし、何より彼らが大変な思いをすることになるからです。

大 家 「一度は部屋を見てもらってから相談しませんか?アパートの中も確認してもらいたいので・・・。」
留学生 「オヤさん、ダイジョウブ。トモダチ、オヤさんのアパート住んでます。ワタシ見た、ダイジョウブ。」
大 家 (実はこちらがダイジョウブじゃないんだけどな・・・・)

 とはいうものの、引っ越したいという人を止めることはできません。ひとまず会うことにするのですが、気になるのは現在本人が住んでいるアパートのことです。こちらに急に引っ越したいということを伝えるからには、現在のところにも急な話なのでしょう。

大 家 「あのね、***さん。今の大家さんには、引越しのこと話していますか?急に引越しをされたら、今の大家さんも困ります。」
留学生 「いつでも引っ越しダイジョウブ、今日いいですか?」
大 家 「引っ越したいのはわかりました。ただし、今の大家さんに相談してからにしてください。大家さんの意見がわかったらまた連絡下さい。」
留学生 「ワカリマシタ・・・。」

 不満げではありますが、やはりこういう手続きはしっかり覚えてほしいものです。これからの何年かは日本で、その中でも京都で暮らす可能性があるのですから。

しばらくして電話がかかってきます。

留学生 「今のオヤさんダイジョウブ。カギいつもらえますかっ?」
大 家 「ワカリマシタ・・・。」
| wakatakeryo | 留学生向けアパートのお仕事 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.wakatakeryo.com/trackback/75248
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ