大家さんおおやさんのBlog

株式会社 若竹寮
<< 寮に向かいます。 | main | 感想を聞きます。 >>
みてもらいます。
やっと実際に部屋をみてもらうことになりました。

私たちの寮は、そのほとんどが昭和の建物でしかも古い!ものです。
建物によっては、共同台所なども健在ですし、お風呂がない部屋も現役どころか中心に近い存在です。

室内部分では、改装を行っているものもありますが、使用状態がよく当時の雰囲気を残しているものもあります。(良く書きすぎでしょうか?)

私自身が子どものころから聞かされている話で、外国の方が日本の家、あるいは不動産を見るときなど室内に入るときに、

「靴を脱ぐ習慣がない」

といったことが良くあげられます。

これは、"ホントです" と言わざるをえません。
しかし、大体靴を脱ぐ場所がわかりにくく、やむを得ずそのようになってしまっている場合もあるようです。彼らには少ない階段に見えるのでしょうね。

私は必ず、お部屋に連れて行ったどなたよりも先に部屋に入ります。
なおかつ玄関で振り返り、靴を脱がれるのを待ちます。さらに土足で上がろうとする場合にはそこで注意しますが、目の前で靴を脱ぐ人があるのに、あえて土足で上がろうとする人は、どこの国の人であっても少ないものです。

 この例を引くまでもなく、こちら側のほんの少しの注意、習慣で、行き違いや誤解は減らせるものだと思います。
 “文化の違い”といっても案外そのぐらいのことで垣根がなくなる事のほうが多いと感じています。
| wakatakeryo | 留学生向けアパートのお仕事 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://blog.wakatakeryo.com/trackback/55512
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2005/03/02 12:00 PM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ