大家さんおおやさんのBlog

株式会社 若竹寮
<< ウソはありません。 | main | 国際保証人問題 >>
ホント便利ネー。
 つい先日、新しい入居者が私たちの寮に来てくれました。
私がその人にお会いするのは当日が初めてです。というのも、その方はエジプトから京都の大学に研究を行うために来た方で、お会いする2時間ほど前に関空に到着したところだったからです。
 実は、その方と意思疎通をするのも初めてでした。以前私たちの寮に住んでくれていたエジプトの方が、仲介役として私と話を進めてくれていたからです。
この方の働きで、本人は、関空に到着するやいなや予約されたタクシーに乗りこみ、到着すると一応の家具が付いた部屋で、すぐに生活が始められる段取りとなっていました。
 さて、10人乗りのジャンボタクシーが到着し、中から当人が降りてきました。まずは仲介役の方と握手をし、頬を寄せて挨拶しています。それから私が挨拶をして握手をしました。まぁとりあえずと、部屋まで荷物を運んで契約書を作りました。最初の敷金、家賃を支払う段では、仲介役の方が立て替え出来るように現金の準備までしてくれていました。

 本人たちは積もる話も有るのでしょう、色々と話をしています・・・・・・と思ったら違いました! 何と本人たちも今日会うのが初めてなのです!

 まさにインターネットフル活用といった感じで、来日前にネット上で京都在住のエジプト人の協力者を探すのだそうです。初めての地で、初めて会う人にお世話してもらって生活をスタートする、私はその話を聞いて非常に驚いたのですが、彼らの中では出来上がったシステムとして機能しているようです。仲介役の人自身も渡米の際に同じようにお世話してもらったとのことでした。
「お互いに助け合うことで不便さを解消する、同じ国の人だから。」
「うーん、いいなぁ」と思ってしまいました。
| wakatakeryo | - | 03:14 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.wakatakeryo.com/trackback/280648
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

このページの先頭へ