大家さんおおやさんのBlog

株式会社 若竹寮
雨の物件見学@素敵な観光地
昨日は大家さんつながりで物件見学をさせていただきました。

京都・伏見稲荷の駅から徒歩10分弱で現地到着。

木造2階建て、古家です。
前所有者・入居者さんが手を入れながら使ってきた暮らしぶり・歴史を感じさせる内容でした。

外壁割れ、玄関建具取付の際に斜め加工してあるところなど、建物の歪みはありますが、使える状態っぽいです。

暫く前に退去後という中に入ると、悪い状態だとは感じません。
室内では、案の定1階床の不陸が激しいものの、雰囲気ある建具、工夫すれば1階からも望めそうな眺望があり、素敵な家になりそうです。

水回りは更新が必要だと感じますが、間取りはゆったりとしていて、本間間(京間)の様子。
押入れを取り込み間取りを考えていけばかなりのびのびできそうです。

しかし、考えるべきは採光。どうしても暗くなりがちな日本家屋を明るくすることができれば、爽やかな風が通り抜けそうで、想像するだけで楽しくなってきました。

家単体で考えても楽しいのですが、周辺にお住まいの様子も、「らしい」 家が多かったです。

玄関周りをクリエイティブな物が取り囲んでいたり。
長年続くお家を想像させる、大きくなくとも立派な玄関があったり。
急な坂道の先は、高級山手住宅街へとつながっていたり。

自分の趣向を確認できた見学となりました。

見学を終えて、駅へ戻る道すがら確認する街並み。
今はインバウンドの盛り上がりによりたくさんの観光客がいらっしゃる。
雨でも賑々しい様子は、目指す場所、暮らしがあればこそ。

その場所を守るも壊すもそこにいる人次第。
家・路地・通りに歴史あり。つくるのも人。

今回もそのことを強く感じながら、見学を終えました。
気づいたら靴の中までがびしょ濡れでしたが。
| wakatakeryo | 大家さんつながり | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ